参加者の声【Creative Drawing 2018 in 北軽井沢 vol.2|Self Portrait ~真我を描く】自分自神に触れる

得られたことは、言葉では表現できないほど豊かなものでした。
言葉で表現すると、安っぽく、薄っぺらくなってしまうのですが、あえて、言葉で表現すると、「自分自神に触れることが出来た。思い出した。」ということでしょうか。

私は5年ほど、ずっと、自分と向かい合ってきた。昨年は特に、のたうち回る勢いで 笑
自分の醜いところ、インナーチャイルドと向かい合ってきて、どんな自分でもOK。を出していました。

なので、自分のインナーチャイルドと向かい合う?みたいなワークのときは困りました。
もう、全てにOK出しているし、、、人間は不完全な存在だし、、、、インナーチャイルドが居ても、全く問題ない。。

と、思っていたので。

ですが、自画像の時、エリさんに何気なく言われた一言で、自分でも気づかなかった、深い深い部分に潜んでいたインナーチャイルドが顔を出し、涙が出てしまいました。

あ、ここに居たんだぁ!と。

やはり人間には、盲点があって、自分だけででは、わからないんだなぁ。。。と、実感。

エリさんに、何でわかったんですか??
と聴いたら『絵には全て出るから、わかっちゃうのよ~』と、仰っていて、絵を描くことは、人生そのものだとも感じました。

「鉛筆(心)は綺麗に尖らせておかないと、綺麗な絵(人生)は描けない。」=「心を常に整えておかないと、綺麗な人生を描けない。」

自分のフィラメントを大切に、自分の感性と感動のみに従って生きていきます(*^^*)

愛溢れる豊かな空間で、本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。

私にとって、描くことはセラピーそのもの。

これからも、自分を整えるためにも、ワークショップにはたくさん参加させて頂きたいです。

これからも宜しくお願いいたします!

(アーティスト・女性)

Share on facebook
Share on google
Share on twitter