【第5話】夢の旅路 – 月の秘薬アヤワスカと太陽の妙薬サンペドロを辿る

表現アートセラピー画像1クスコ滞在の拠点となったカーサ・グリンガ(Casa De La Gringa)は、街の丘の上に位置する小さなユースホステルです。スペイン語で、グリンガとは、外国女性を意味します。宿のオーナーが外国の女性なのかはわかりませんでしたが、こじんまりした佇まいは、どことなくフェミニンなムードと清涼感がありました。サンペドロのツアーを行っていることから、外国人が気楽に泊まれる宿として親しまれているようで、週末になると、部屋は満室となり、リビングには国際色豊かな人々で賑わっています。

オリャンタイタンボへ遠出した日の夜、リビングで談笑している若者達と知り合いました。その中に、アメリカの大学を卒業し、帰国する途中にアヤワスカの体験ツアーに参加してきたばかりの日本人留学生がいました。日本を離れ、久しぶりに日本語を話せるうれしさも手伝って、しばらくお互いのアヤワスカ体験談に花を咲かせるうちに、彼は南米でのフリーなスピリチュアルツアーのハイライトでもある、サンペドロについて熱っぽく語り始めました。

表現アートセラピー画像2「サンペドロはすばらしいメディスンらしいそうですよ。日本では、アヤワスカはもちろん、サンペドロを体験できるツアーの情報がまったくないんです。僕も留学中にメールマガジンでみつけたんです。」
彼が言うとおり、日本から体験ツアーに参加する人はいるものの、良質のメディスンやシャーマンと出会うのは難しいという話は私も良く耳にしていました。私も友人の薦めがなかったら、あのような体験はすることは出来なかったのかもしれません。
初めてのアヤワスカ体験にも関わらず、とても素晴らしいメッセージを受け取ることが出来たことを嬉しそうに話す彼は、明日からの旅に大きな期待を寄せているようでした。
南米に来てからというもの、こうしてアヤワスカを体験した人に出会うことが多いのですが、皆一様にふつうの暮らしをしている人や真面目な職業の人達ばかりです。そんなことを意外に思う私のほうが、偏見を持っているのかもしれません。サンペドロツアーのことが、気になりながらも、私は明日から予定するマチュピチュへの旅に心を切り替え、小旅行の準備をはじめました。

表現アートセラピー画像3クスコからマチュピチュへは、タクシーや電車そしてバスを乗り継ぎ、約半日の移動時間が必要です。宿で個人ツアーを申し込み、観光客で混み合う時間を避けて登山するために、麓の街に一泊する予定でクスコを出発しました。
ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったという秘境マチュピチュですが、意外なことにクスコより1000mも低い場所に位置しています。クスコでの滞在が思いの外厳しかったこともあり、少しでも低地へ移動するのはありがたく、この小さな旅が心臓の骨休めとなってくれるかもしれないという期待が膨らみます。そうは云っても、依然2400mを超える高地にあるマチュピチュをトレッキングするため、荷物を最小限にしなくてはいけません。寒さ対策や日焼け止めなどのヘルスケアなど準備を整えると、早朝の時雨に見送られながら宿を出発しました。

表現アートセラピー画像4車で昨日訪れたオリャンタイタンボまで戻り、マチュピチュ行きのペルートレイルに乗車します。オリャンタイタンボ駅から出ているペルートレイルの車窓から見えるウルバンバ川は美しく、しばらく写真を撮るのも忘れ、霧に霞む景色に見入ってしまいました。ペルー人気観光列車だけあって、乗車中に飲み物や軽食までサービスされるのはありがたいのですが、岩場だらけのでこぼこの山岳を走る列車だけあって、揺れは半端ではありません。サービスされたお茶のカップはテーブルの上でじっとはしていないので、飲み干すまでカップを手放すことが出来なくて、一苦労です。

隣り合わせたメキシコ人の男性も、困ったように笑ってカップを握りながら、「どこからやって来たの?」と話しかけて来ました。
私は、日本からの旅行者で、アマゾンからクスコそして、これからマチュピチュへ向うところだとと答えると、「偶然だね。僕も同じルートで旅してるんだよ。アマゾンではアヤワスカをやりに行ったんだ」と云いながら、彼にしては壮絶だったというアヤワスカ体験を話してくれました。

表現アートセラピー画像5私は、こんな所にも同胞がいたとばかり、自分のアマゾンで体験したことを話すと、彼は驚いて云いました。「君はあれを7回も飲んだの? 信じられないなぁ…。僕はまだ1度きりなんだ。大きなコップに並々飲んだんだけど、今思い出すだけで気分が悪くなるよ…。丸二日、幻覚から抜け出せなかったからね。あれほど苦しい体験はなかったな。おまけに、あんなまずいもの、二度と飲みたくないけど、アヤワスカは3度試してみないと解らないって云われているから、いつかまた行かないとね…」そう云うと、彼は首をすくめて笑いました。
ところが、私は気になっていたサンペドロのことを聞くと、彼の顔がパッと、明るくなったのです。
「サンペドロかぁ。あれは素晴らしいよ!あんな体験はこれまでしたことがないな。アヤワスカは地獄のようだったけれど、サンペドロは天国だよ。ぜひ、君も体験してみるといい。アヤワスカよりもずっと美味しいよ」

表現アートセラピー画像6精霊アヤワスカを捕まえて、彼の云いようがあんまりで、笑うしかありませんでしたが、私にとっても、アヤワスカの体験は、まだ消化仕切れずに、苦々しい味と匂いとが鼻の奥のほうで燻っており、しばらくメディスンから遠ざかりたい気分でした。それでも、あの味よりもましなら、サンペドロも悪くないなあ、と彼の話を聞いているうち、だんだんと、その気になっている自分に気がつき、呆れてしまいます。

メキシコで繊維業の仕事をしていた彼は、一旦休職して、魂の探求のために、南米を旅しながら、いつか自分の体験を本にするのが夢なのだと話してくれました。外国に旅すると、このように放浪するバックパッカーとたくさん出会います。日本では、バックパッカーといえば、20代や30代前半の若者をイメージしますが、外国では、年齢は一概に決まっておらず、いくつになっても、探求したいことが尽きないという印象があります。一体彼らは、そんな変性意識体験を通して、何を探求しようとしているのでしょう? ふと私は、そんな人々と自分が重なって見えたような気がしました。

表現アートセラピー画像11探求って、何だろう? 私はこんな地球の裏側まで来て、何を知ろうとしているのだろうか…。

マチュピチュは予想を超えて寒く、そして想像以上の人混みでした。
週末だったこともあり、混雑を避けるため、夜明け前にホテルを出発したにも関わらず、ゲートに到着した頃には、既に人ごみで溢れていました。ペルー人のガイドに連れられて、まるで団体旅行の一行について行くように、頂上を目指して、階段を黙々と上っていきます。
途中いくつかの絶景スポットから記念写真を撮りながら、ガイドの説明を聞いているうちに、だんだんと興ざめしている自分に気づきました。場内のあちこちに警備する人が立ち、観光客がルートを外れたとたんに、警告の笛が鳴り響きます。
ディズニーランドのように整備された歩道や風景。人混み以外、ゴミ一つない場内には、至る所で石垣を修復する人が立ち働いています。インカの奇蹟と讃えられる精巧な石組みさえ、まるで人工的に作られた舞台の書割りのように見えてくる始末。1915年まで廃墟として閉ざされた秘境マチュピチュが、世界遺産として名を馳せたことで、こんなにも身近になったことが良かったのかどうか…。知名度は低くても、私にはオリャンタイタンボの静寂のほうがどれほど有り難かったことでしょう。

表現アートセラピー画像9複雑な気持ちを抱えたまま、帰りの電車に乗って、夜遅く再びクスコの街に戻ってきました。楽しみにしていたマチュピチュツアーは、期待していた程の感動も無く、このままリマに戻るのでは物足りないような気分なっていました。
クスコでの思いがけない入院騒動があったおかげで、予定していたスケジュールはこなせなかったので、買い物をする時間も欲しいところでしたが、私はあらためて、最後の日程を使って、サンペドロを体験するツアーに出かけてみようという気持ちになっていました。
あれだけ、アマゾンで濃密な体験をしてしまった今、もはや変性意識への興味も満腹に達していましたが、日本に帰れば、次はいつペルーに戻れるかはわかりません。せっかくのこの機会を逃したくないという思いが募ってきたのです。

表現アートセラピー画像10
サンペドロのワークが行われるムーン・リトリートは、クスコの街を見渡す高い山の上にありました。敷地の中央にあるマロカ(ドーム状の棟)には既にセレモニーを始める準備が整い、澄んだ空気の屋内には、天窓から朝陽が差し込んでいます。サンペドロのセレモニーは、アヤワスカと違い、昼間に行われるのが特徴です。それも、光のメディスンと呼ばれる由縁の一つとなっているのかもしれません。セレモニーを執りしきる男性のファシリテーターが、ゆっくりとした口調でサンペドロについて話をはじめました。

ファチューマという愛称で親しまれるメディスンの持つポジティブな力は、人間の五感に作用し、体験する人のポジティビティにアクセスする力を持つと云われています。ファシリテーターは話ながら、ゆっくりと大きなガラスのコップになみなみと透明な液体を注いで行きます。
参加者は皆、彼の話よりもそのジュースに釘付けの様子。これを全部飲むの?と言いたげな表情で、誰もが顔をしかめました。私の横に座っているスウェーデン人の女性が、とても不安そうな目で私を見ています。サンペドロのサボテンのジュースは、それほど不味くは無いという噂を聞いていた私は、彼女に「大丈夫よ」と励ますように、うなずきました。

表現アートセラピー画像11
今回のセレモニーに参加する人の中で、これまでメディスンを体験した人は私を含め4人だけでした。後の半分以上の人は初めての体験らしく、誰もが緊張を隠せない面持ちです。アヤワスカと同様に、サンペドロにも嘔吐の反応が起こる特徴があるのですが、効果を持続させるためには、飲んでから1時間は吐き出すのを我慢しなければいけません。

スピリチュアル・ジャーニーのイントロダクションを一通り伝えると、ファシリテーターは、「さあ、どうぞ」とトレーにあるジュースを全員に薦めました。一瞬、みんなお互いの顔を見回します。その沈黙を破るように、アヤワスカ体験者の一人がコップを手をのばすと、あっという間に飲み干してしまいました。マックシェイクと同じぐらいの量ですから、サボテンジュースでなくとも、飲むのは一苦労するはず。しかし、躊躇していても仕方ありません。飲み干した彼の問題ないような顔を見届けると、私も意を決して、一気に飲み干しました。味はともかく、寒天を飲むような食感に戸惑いましたが、無事完食(まさに食べる感じなのです)。やがて、他の参加者も諦めたような顔つきで、次々にコップを空にして行きました。

"表現アートセラピー画像12”私達は、マロカから外に出て、しばらく芝生の上で日光浴をしながら、浄化の時を待ちました。約束の1時間が過ぎて、突き上げるような嘔吐が終わると、私はゆったりとした気分で瞑想を始めました。その時、私はとても不思議な感覚に浸り始めたのです。

嘔吐が終わった時、あらゆるもの身体や心からはがれ落ちて、クリアになった世界がそこに在りました。放心して見つめる先には、ただ青い空と雲だけが存在しています。ぼんやりと、眺めていると、やがて見ている自分が空や雲にになっていきました。雲は、スローモーションのように、ゆっくりとゆっくりと流れ、変化して行くのと同時に私も流れて消えていくのです。こんな美しい光景を私はこれまで見たことがあっただろうか…。目に見えるもの全てが、美しく輝き、すべてにスピリットが宿っているように光っていました。草も木も、空も太陽も、鳥も風も、すべてが一体となって振動しています。私はそれらすべての生命体と一体になって、その懐かしさにただ泣くだけでした。泣いている私には、特別な感情があるわけでは無く、ただ涙が流れているのです。まるで、私ではない誰かが泣いているような奇妙な感覚でした。
その恍惚とした高揚感は、今まで味わったことのない不思議なものでしたが、どこかとても懐かしい感覚に似ていたのです。

表現アートセラピー画像11
その時、思いがけず生まれてまもない赤ん坊の時の感覚がフラッシュバックして来ました。好奇心に満ちて、喜びの中で生きていた時の自分。もちろん、そんな時の記憶など残っているはずはありません。意識がひとりでに、自分が誰なのかまだ知らない赤ん坊の頃へと退行していたのです。やがてその赤ん坊が今の私ではなく、太古の時代に生まれた自分自身だったことに気づきました。どうやら私の意識は、今世を超えたさらなる過去の時代まで遡っていたのです。

私は、インカ時代に南米のある国に生まれた赤ん坊でした。そして、私はその当時、小さな国(または村のような集落)を司る氏族の後継者として生まれ、耳に障害を持っていたこともあり、沢山の困難を抱え生きた過去世が見えました。いいえ、見えるというよりも、自分がその時の感覚を今体感しているのです。あらゆる過去の記憶は、まるで今目の前で起こっているように感じたのです。
表現アートセラピー画像11そして、その出来事は、現在の自分の人生で起こることと重なり、これまで悩んでいたことや、意味が分からなかった出来事がすべて理解できたような感覚があったのです。私は、求めていた答えを見つけた安堵感や、失ったものへの悲しみを思いだし、その場にわっと泣き崩れました。泣きながらも、頭には走馬燈のようにいろんなヴィジョンが蘇ってきます。まるで、自分の意志とは関係なく、ドラマを演じる主人公になっていたのです。気づくと、私はすべての登場人物の人生を同時に体験していました。その人達は、今世に深く関わった人や、今回の旅ですれ違っただけの人まで様々です。私は直感で、すべての存在が自分とリンクしていたことに気がついたのです。

「これが、ワンネスということなの?」

ドラマを見て泣いている自分。すべての登場人物と同化してあらゆる出来事を体験している自分、そしてそれに気づいている自分がいました。どれが、自分なのか、解らず混乱しながら、不思議だったのは、今現在の自分がどこにも存在していないような気がしていることでした。あまりに、混乱していたので、もう何もかもが、流れの中で起こり、それが完璧なのだという思いに浸っていたのです。すべての存在が、愛から生まれ、愛の中で守られている感覚を味わい、意味もわからず私は、ずっとずっと泣き続けました。不思議と哀しさや苦しさはありません。

ただ、愛の中にいる深い安らぎだけがありました。

表現アートセラピー画像11

気づくと辺りの空気が少しひんやりしています。
私は一体どれくらいここで泣いていたのでしょうか。確か、セレモニーが始まったのは、お昼前でしたから、日がこんなに陰るとしたら優に数時間は経っているはずです。それなのに、たった1時間ぐらいのような気もするし、何年も経ってしまったような感覚もあります。
ファシリテーターに時間を聞くと、「時間など気にしなくていいよ」と笑って答えてくれません。

その日の晩は、ずっとトランス感覚が続き、見るものすべてが美しいままでした。何を見ても、過去の映像とリンクし、現在の記憶と交叉して現れます。まるで、時間や空間など特定の場所には存在しない感覚です。アヤワスカとサンペドロの異なる特徴として、トランス状態の持続時間があります。アヤワスカは数時間(5〜6時間)で、収束する場合が多いのですが、サンペドロは一昼夜効果が持続するのです。

私は、一緒にセレモニーを体験した仲間達と共にリトリートに宿泊しました。サンペドロの心地良い余韻が続く時の流れの中で、誰もが寝ることを惜んでいるかのように夜通し語り明かしたのでした。
至福の体験はそれ自体素晴らしいものです。さりとて、持続する時間の長短の差はあれ、いつかはまたもとの感覚へと戻るのです。つまり、あの満ち足りた感覚や印象は、移ろう夢や幻想と同じだと言えます。アマゾンで体験した、あのリアルな恐怖も、何の実体の無かった事が思い出されます。
表現アートセラピー画像11こうして、二つの対極となる体験をどのように理解したらいいのかわからないまま、私の内的な世界への不思議な旅は終わりを迎えようとしていました。

日本に戻ると安堵感からか、帰るなり身体に悪寒を感じた私は、それから1週間ベッドに縛り付けられることとなったのです。熱にうなされ、咳が止まりませんでした。これでは、次週に予定していたワークショップの準備もままなりません。思い起こすと、大きな変化を体験した旅の後には、こうして熱を出していました。これも浄化のプロセスなのでしょうか…。
私は、思うようにならない身体と闘うことをやめて、すべてを流れにゆだねることにしました。

何も出来ず、布団の中でただぼんやりしながら、これまでの体験をふりかえってると、いろんな考えが雲のように現れては消えて行きます。
闇(アヤワスカでの体験)と怖れ、そして光(サンペドロの体験)と愛は、私の中に現れた<現象>でした。それらは、分離せずに一つに溶けて在るように見えるタオの経験だったのかもしれません。
言葉で語ることが難しいといわれるタオ。そんなつかみ所の無いものを探し求めて地球の裏側まで行った自分が可笑しくもありました。
表現アートセラピー画像11それに気づきながらも、未だにエゴが旅の意味を探して、どこまでも彷徨っていたのです。理想の自分や、真理へ辿る道を探すために…。

そんな消化不良の心のまま、タオのワークショップが始まりました。
ワークショップの間中、私の体調が万全ではありませんでしたが、参加者は皆驚異的な内観能力を発揮し、自律的にタオを理解して行ったのです。(これは信じられないほどミラクルなのですよ!)心配しなくても、ただ流れは完璧だということを、今回ほど感じたことはありません。
そんな参加者達を見守りながら、ワークの流れの中で、私はただ答えを探すのをもうやめよう…」と決心しました。

表現アートセラピー画像8答えを探すのを止めたとき、気づきが見つかるようなパラドックス。
現象や人生に意味づけをしたり探求を止めたとき、変化が訪れます。探し物をしていて、忘れたころ(それが必要でなくなった時に)見つかるという経験のように。
タオのワークを終え、流れに身をまかせていた時、不意にある想いがやって来たのです。
「探しているものは、何も無かった」
探していた自分さえ、その実体は何も無いという気づきでした。
彷徨った果てに見つけた答えはとてもシンプルなものだったのです。
そこで、私はウィルバーの「無境界」の一節を思い出ました。

「いま、この瞬間、あなたはすでに宇宙であり、現在の体験の全体性にほかならない。あなたの現在の状態はつねに統一意識なのだ。統一意識の最大の障害と思われている個別の自己は幻想にすぎないからである。分離した自己を破壊しようとする必要はない。

表現アートセラピー画像8最初からそんなものは存在しないからだ。(略)この洞察を説明する文章は無数にあるが、ブッダの有名な一説がそのすべてを物語っている。『あるのは苦しみのみ、苦しむ者はいない 行為はあっても、その行為者はいない ニルヴァーナはあっても、それを求める者はいない 道はあっても、それを旅するものはいない』」ケン・ウィルバー『無境界』(平河出版社, 1986)

「何も無い…」それは全てが在るという相対の概念です。
有ると思い込む自我と、何も無い空。その二つは、どちらか一方だけでは成り立たない。それが、私の体験しているこの世界。
タオのワークショップを終えた時、この概念が、ゆっくりと自分の中に言葉ではなく、体感として懐に降りてきてくれたのです。

表現アートセラピー画像8

それは、悟りの境地を理解しようとして、腑に落とす感覚なのかもしれません。まだまだ悟りなどほど遠い私でしたが、そんな自分が居ても良いなと思えた瞬間でした。

長い旅の末、やって来たその体験は、その後の私に更なる気づきを持もたらしました。まるで、夢の旅はまだ終わないよ、と云うように…。
私はあの忘れていた夢と出会うことになったのです。

つづく