【第4話】太陽の啓示 – 月の秘薬アヤワスカと太陽の妙薬サンペドロを辿る

表現アートセラピー画像1アマゾンでのめくるめく体験を未だ消化できないまま、私は、イキトスの街を後にすると、朝早い便で次の目的地クスコを目指しました。窓の外に目をやると、眼下には雲が広がり、やがて赤茶けた山々が見え始めます。
南半球は今冬を迎えたはずなのに、2000mを超えるアンデス山脈の稜線に雪は見えません。
日本だったら、真夏でない限り、雪が無い山脈を見ることは無いのに…。不意に感じた違和感のおかげで、ようやく日本とは異なるペルーに旅をしている感慨が拡がってきました。「そうか、私はこんなに遠くまでやって来たんだ…」
南米滞在の予定は、あと2週間以上残っています。

ともかく、メインの目的だったアヤワスカ体験は果たしたので、あとは観光気分で過ごしても良いような気がしていました。

表現アートセラピー画像2これからの旅で気になることと言えば、慣れない高地での滞在のことぐらいです。ようやく、出発前に用意していた高山病に関する資料に目を通しながら、クスコの街のことを想像しました。

ペルー南東の山岳地帯にあるクスコは、インカ帝国の首都としてその後16世紀にスペインに征服されるまでの間、栄華を極めた歴史があります。この時代、他にも様々な都市や城が山岳地帯に作られ、世界遺産として有名なマチュ・ピチュ遺跡もあります。(そこに登ることが、今回の旅の楽しみの一つでもありました。)
天空の城としても知られるマチュ・ピチュですが、クスコはさらに高地に位置しています。標高は3,400m。日本の富士山と同じぐらいの高さに匹敵するのですが、実際に富士山に登った経験がない私にはどれくらいの高さなのかという想像がつきません。それ以上に、そんな高地に30万人もの人々が生活を営んでいること自体が想像を超えていました。

空港に降り立った時、イキトスとは打って変わって、乾いた冷たい空気を感じる以外に、それほど驚く変化はありません。迎えに来てくれた車に乗り込むと、窓の外に見えるイキトスとは全く違う美しく整備された町並みに心が躍ります。
澄んだ冷たい空気が気持ち良く、イキトスの蒸せるような暑さと匂いから解放された私は、久々の安堵感に浸っていました。

「ようこそ、クスコへ。今日は一日無理をしないで、このお茶を沢山飲んで休んでくださいね」
カーサ・グリンガとうい名の宿に到着すると、ペルー人の女主人が暖かいコカ茶を薦めてくれました。
熱いお湯に乾燥したコカの葉を入れて飲むコカ茶の味は緑茶に似て、ほどよい甘みがあり日本人の口によく合います。コカの葉は、南米では古くから、嗜好品として一般的に服用されており、高山病の予防にもなる優れた薬草です。
私も早速、コカ茶をお代わりして飲むことにしました。小さくて静かなロビーは、掃除が行き届いているせいか気持ち良く、天窓からは陽が降り注いでいました。
表現アートセラピー画像3ピンク色に塗られた漆喰の壁には、沢山の柱サボテンの写真が飾られています。見ると写真には、「サンペドロ」と記されていました。

街の外れにあるこの宿は、サンペドロと呼ばれるメディスンを体験できるツアーの拠点になっていることから、友人が薦めてくれたのだということを、私は改めて思い出しました。
「サンペドロ」別称「ファチューマ」と呼ばれるメディスンは、アヤワスカと同様、南米に伝承される治療や儀式に使用される幻覚物質を含む妙薬です。
アヤワスカが闇と繋がる力を持っているとしたら、サンペドロは光と繋がるメディスンだと云われることから、月の秘薬アヤワスカ、太陽の妙薬サンペドロと呼ばれるようになりました。

アヤワスカは、木の蔓から作られますが、サンペドロは、乾燥地帯に生育する柱サボテンが原料となっています。
ここを訪れる前に読んだ本によると、この幻覚成分を含んだサボテンを栽培することは、南米でも禁止するところが多い中、ペルーだけは認められているそうです。
表現アートセラピー画像4麻薬など、幻覚を伴う薬草について、規制の厳しい日本などには、幻覚サボテンはおろか、コカの葉さえ持ち帰ることができません。それが、ここでは、日常的に愛飲されています。飾られたサボテンの写真は、この国の大らかさを証明しているかのようです。
私は、薦められたコカ茶をすすりながら、こんな栄養と効能のあるハーブを禁じていることのほうが可笑しいのかもしれないと思い始めていました。

コカ茶を何杯もお代わりしたせいか、身体にも不調も感じられなかった私は、ゆっくり街に繰り出すことにしました。
クスコ市内は丘陵地に絨毯のように広がっています。街には無数の土産物の店がひしめき合い、スペインの占領地時代に建てられたヨーロッパ建築とインカ帝国時代の石造りの塀などの痕跡が残る町並みは、異国情緒あふれ、私は時間を忘れて歩き廻ってしまいました。
宿は坂の上の方にあったので、帰りは長い登り坂を何度も休みながら昇る羽目になったのです。
表現アートセラピー画像5さすがに、足が重く、息が苦しくなって来ると、酸素の濃度に慣れないせいだとわかっていながらも心配になり、宿に着くなり、早々に休むことにしました。

夜になると気温は10度を下回り、空気はいっそう乾燥して来ました。
日本よりも暖かい国とはいえ、もう冬を迎えたペルーの寒さに持っていた着替えを総動員しても足りそうもありません。
アマゾンでは蒸し暑さと湿気に悩まされたと思ったら、今度は、乾燥と寒さに見舞われてしまいました。
申し訳程度しか出ないお湯(しかも10分で止まってしまうのです!)でシャワーを浴びる気にもなれず、散歩の途中に買ったセーターを重ね着したままベッドに潜り込みました。アマゾンから解放されたと思っていたら、まだサバイバルは終わっていなかったのでしょうか?
夜になり寒さに寝付けずにいると、呼吸がだんだんと苦しくなって来ました。おまけに頭痛がはじまり、寝つけなくなった私は用意してあった、携帯用の酸素を吸入してみましたが、気安めにしかなりません。
表現アートセラピー画像6「頭痛や吐き気があったら、病院へ行くこと」という注意書きのことが頭をかすめます。だんだんと不安になってきた私は、当直の人に病院に連絡取ってくれるよう頼むことにしたのです。ほどなく救急の医師が診察に訪れ、血圧や脈拍を計測した結果、入院して酸素吸入をすることになりました。迎えに来た車に乗りむと、夜明けの街のどこか遠くで打ち上げ花火の音がしています。昨日まで歩いた街並を、救急車の窓から眺めながら、私は不思議とワクワクしていたのです。

たった一人で病院のベッドに横たわりながら、これからの時間をどうやって過ごそうかとあれこれ考えました。ファチューマ(サンペドロ)を体験するには、また更に高地にある場所まで行かなくてはなりません。私は、だるさに加え予想外の寒さに気が縮こまりはじめていました。これでは、楽しみにしていたマチュピチュに行くのも難しそうです。幻覚体験はもう十分だったこともあり、ファチューマの体験ツアーをやめて、体力をマチュピチュツアーのために温存することにしたのです。
病院での治療を終えてようやく宿に戻ったのはそれから二日してからのことでした。

表現アートセラピー画像11アマゾンからイキトス、そしてクスコにやって来て、私の体内時計や時間感覚、貨幣価値は混乱したままでした。何が早くて、何が良くて、何が安いのか、まるっきり基準を失っていたのです。自分が誰で、何故ここにいるのかも、わからないような不思議な感覚になっていました。それでも、そんな感覚を楽しんでいる自分が居ます。
こんな風に、旅の目的が解らないでいる自分は、人生という旅の目当てを見失っているかのようです。クスコのゴツゴツした石畳の階段をゆっくりと登りながら、私は、ただ瞑想をしているような気持ちになりました。

ファチューマツアーを諦めた私は空いた時間を使って、ペルーの遺跡周りをすることにしました。
ペルーにはマチュピチュ意外にも、驚くほど沢山の遺跡が点在しています。それぞれの遺跡に纏わる歴史はどれも謎に包まれています。16世紀スペインに征服された当時のインカ帝国は、文字を持たなかった事から、建造物や残された織物、装飾品から想像するしかありませんでした。
それは、日本で云えば、発掘された縄文土器の破片から、当時を生活を想像するようなものです。こんな巨大で精巧な建造物を残した文明が謎に包まれたまま滅亡してしまったことが不思議でした。
表現アートセラピー画像8私は、太陽神殿が建造されたと云われているオリャンタイタンボ遺跡の石段を登りながら、その精巧な石組みや建造物のレイアウトに驚かされました。
鉄鋼の技術も無かった当時、どのようにして巨大な石を切り、組み上げていったのか?
自然の地形を上手く利用した水路など、計画的に調えられたライフラインを眺めていると、そこで暮らす人々の吐息さえ聞こえ来るようです。

ここは、クスコから少し低地にあるため、呼吸も楽です。小一時間かけながら、ゆっくりと石段を登って行きました。聞こえるのは、自分の呼吸と風を切る音だけです。ハアハアという自分の息を聞いていると、ふと誰かの声が聞こた気がしました。

「もっと、上に登りなさい」

その声に引っ張り上げてもらうように、私は夢中で石段を登り続けました。
上に行かなければ…。何故だかわからないまま、何かの力が働いているようでした。その感覚は、どこか昔に体験した感覚に似ています。

表現アートセラピー画像10すると、20年以上前に見た夢の事を思い出したのです。
「そうだ、この感覚はあの夢にそっくりじゃないか…」
それは、私の数少ない明晰夢の一つでした。まるで昨日の事のように体感覚まで感じることができたので、今でも鮮明に思い出すことができます。

「山を登りなさい」
私は夢の中で、モーゼが啓示を受けた時に聞いたかもしれない威厳のある声に促され、天空の石山を登っています。あまりに崖が険しくて躊躇する私に、その声は容赦ありません。
必死で登り、ようやく頂上まで辿り着くと、そこには神殿のような石組みが現れました。さらに声が聞こえてきます。
「祭壇にある石版を見よ」
大きな石の塊の上に、幾つかの小石や石版が積み上げられているものを掴むと、声は教えてくれました。
「そこに刻まれている言葉を読みなさい」
私は掴んだ石をゆっくりと裏返すと、そこにはこんなふうに書かれていたのです。
表現アートセラピー画像7「Believe your wisdom (汝の叡智を信じよ)」
その言葉を見たとき、私は気づきました。
「これは夢ではない。自分へのメッセージなのだ…」と。
夢から醒めた私は、しばらくその夢のことが頭から離れませんでした。
その当時、私は自信を失い、夢を諦めて生きようと思い始めていた頃でした。チャレンジするにも気力が湧かず、どうやって生きて行ったらいいか、迷っていた頃。しかし、その夢を見てからというもの、勇気が湧き、現実も目まぐるしく良い方向へと展開して行ったのです。

その時の夢の感覚が、この時まさに起きていたのです。
それは、まるでその夢を見直しているかのような感覚でした。石段を登りながら、その夢の感覚を探りながら、私は頂上へ登り詰めました。
そこは、四方が石の壁に囲まれた神殿のような場所。何か祈りを捧げる場所のようで、壁にはいくつかの窪みがあります。私はその空間に立ったとき、自然と涙が溢れ、ここにつれて来てくれたスピリットに感謝をしていました。そこが何処なのか、なぜやって来たのかはもうどうでも良く、ただ、そこに存在できたことが嬉しくて泣いていました。

しばらくその場所で一人瞑想をしたあとに、ゆっくりと目を開けて、気になる石を探しました。
そして、あの言葉が書いているかもしれないと思い、石を見ましたが、何も書かれていませんでした。そんな奇蹟を信じている自分が可笑くもありましたが、何か気になったので、そっとポケットに入れて持ち帰ることにしたのです。

オリャンタイタンボは、インカ時代の要塞だと云われています。
高い頂きから見る景色は絶景でしたが、下を見るとその高さに身が縮こまってしまいます。
「人間は高みに登りたがる。それは怖さを知るためだ。成長とはそんなものだ。地を這っていたら、怖さは解らない。成長とは怖れを超えていくものだよ」
風が頬を切って行くときに、そんな声が頭にこだましました。
成長とは、偉くなることでも、安心することでもなく、ただ前に進むことなのだと思いました。生きる目的を失っている時も、自分を信じられなくなっている時も、ただ前にさえ進めば、見えてくるものがあります。目的を見失っているから、進むことができないというのは理由になりません。
変化も、成長も、流れも、カルマも同じ意味なのだと、この時気づいたのです。
気づきをかみしめながら、私は遠くに目をやると、遙か彼方に雲に霞む都が見えたような気がしました。
目指すマチュピチュの砦は、インカ道を下った先にあります。
私は旅の最終目的地に向い、古代の要塞を後にしました。

表現アートセラピー画像3宿に帰り着いた私は、もう一度持ち帰った石を見ていたら、数字の2が幾つも並んでいます。
気になって、「2のぞろ目」の意味を調べてみると、このようなメッセージが書かれていたのです。
「信じる心を大切に。全ては上手くいきます」
そのメッセージを受け取り、夢が現実になるという実感が私の中に湧いてきたのでした。(つづく)