【第1話】タオに生きる – 月の秘薬アヤワスカと太陽の妙薬サンペドロを辿る

表現アートセラピー画像1タオは宇宙エネルギーを表現するシンボルです。
「タオ」という名の陰陽の原理をひもとく思想が欧米に広まり、やがて日本にも親しまれるようになりました。しかし、その本質を理解し、体感している人は少ないのかもしれません。
老子が残した詩編の中に、「タオを名前で呼ぶと、それはタオではなくなってしまう」という一節があるように、タオという宇宙のエネルギーは、言葉や理屈で理解できるものでは無さそうです。しかし、私達はこの名前(意味付け)を頼りに世界を経験し、生きています。そうしないといろいろ面倒なことが起こると信じているからです。
人を区別するために名前が必要で、物を価値判断するために価格が必要でした。そうやって、区別された世界でジャッジすることが当たり前の社会の中で、私達は右往左往することになりました。

善悪や勝ち負けが重要なトピックスだったからです。生き延びるために、何をしたらいいのか悩み、迷いが生まれました。

すべては、名前が生まれたからなのだと、タオという自然が教えてくれているようです。両極に捕らわれることなく、両極を否定することなく、すべてとして在ることを示しているのがタオの教えなのです。

表現アートセラピー画像2そんな壮大で深淵なタオのワークを7月のワークショップのテーマにしようと決めたのは、南米への旅に出かけるほんの数日前のことでした。

「アヤワスカ」という名の幻の秘薬のことを知ったのは、3年前初めて久高に渡った時のことでした。アヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)とは、南米のアマゾン川流域に自生するつる科の植物ですが、この植物には心と身体、そしてスピリットの浄化が起す効能があることで、古くから治療やヒーリングに使われてきた歴史があるそうです。「闇のメディスン」と謳われるこの薬は、強烈な幻覚作用を伴い、その人が抱えるネガティビティにアクセスするパワーを持つと云われ、その力を求めて世界中から探求する人がペルーまでやってくるのだそうです。何故なら、合法的に体験できるのは南米でも、ペルーだけだからでしょう。

そのペルーの秘境・アマゾンの奥地でそのアヤワスカを体験するシャーマンの儀式があると知り、私はなぜか無性に行かなくてはならない衝動に駆られました。ドラッグや幻覚やビジョナリーアートにはあまり興味を持つことがなかった自分の反応が意外でした。南米には、いつか行ってみたいと思いながらも、この年まできっかけが見つからずにいた念願の場所だったからでしょうか? 元来、アウトドア派でもないし、不便さやサバイバルな旅など好まない自分が何故そんなに心を動かされたのか説明がつきません。直感で新しいステージに向かうために、必要な追加儀礼を体験する必要を感じていたのかもしれません。ただ、その話を聞いた時に、アマゾンにいる自分自身のビジョンが見えたような気がしたのです。

表現アートセラピー画像3

「私は近い将来、ペルーに行くのだろうな…」理由もなく、確信をしてから半年後、私はアマゾン川を下る船の上にいました。

それから数週間にわたるアヤワスカセッションが行われるリトリートに辿り着くと、想像を超えた体験が待っていました。
森の中に建つ雨風がしのげる程度の素朴な小屋がそれぞれの寝床です。壁も無く、虫や生きものが自由に出入りできるようなオープンさ。屋根から落ちてくる土埃や雨漏りから持ち物を守るために、貴重品や電子機器はジップロックに入れるよう促されました。

アマゾンの湿度は強烈で、部屋につるした乾いたタオルが数時間もすると湿気でぐっしょりと濡れてしまいます。洗濯したものなど乾く閑などなく、結局最後には着替えなど無くなってしまう状態でした。普段、衛生的な生活をこよなく愛する自分にとって、想像を遙かに超えたタフな状況を受け入れるまで数日かかったのでした。

当然、電気もガスも水道もない生活です。持って行ったパソコンもカメラも使える環境ではありません。夜が来ると、キャンドルの灯だけが頼りで、本を読むことさえ出来ませんでした。イキトスに着いた時、PCの電源を忘れてがっかりした自分を思い出し嗤えました。しかし、そんな環境を受け入れ合意することができたのは、しばらく時間が経ってからのこと。私は自分自身が引き寄せたこの経験を理解し受け入れるために時間を費やすしかありませんでした。
表現アートセラピー画像4参加者の多くは、マパーチョと呼ばれるハーブのタバコを吸ってリラックスしている様子でしたが、タバコを吸いたくない私は、基本的な安全を失った緊張感からか、常に意識がネガティブに働くようになっていました。そんな自分を捕まえては、独りワークをして解放することで、なんとか時間をやり過ごしていたのです。

森に漆黒の夜が訪れるとアヤワスカのセレモニーが始まります。これが別名「闇のメディスン」と呼ばれるようになった由縁なのかもしれません。先住民達はアヤワスカを親しみを込めてShe=彼女という女性性で呼ぶことから、いつの間にか私の中に女神のようなイメージが出来上がりました。陰陽で云う「陰」の部分は女性性のメタファーであり、ネガティブというよりも、隠されている部分という捉え方をします。つまり、アヤワスカは隠されている真実を明らかにする効力があるのです。
さて、自分はその力で何が明らかになるのだろう?と、怖れと期待が入り交じるなか、ホールの中で息を潜め座っていました。森がすっかり暗闇に包まれた時、静かにドアが開き、シャーマン達が入って来る気配がしました。

表現アートセラピー画像6

アヤワスカを経験する時、これを導くマエストロ、マエストラ※(男性と女性の師匠)と呼ばれるシャーマン(呪術師)の存在が重要な役割を果たします。闇の世界への探求の旅は、時に強い恐怖感を伴います。彼らの信仰によれば、それは魔物に取り憑かれるような現象であり、迷える魂を救うための導き手の存在が必須なのです。シャーマンは、アヤワスカの旅を安全に保ち、魂の目的を果たすために、セレモニーの間「イカロ」という唄を歌い続けます。それは、闇の中の灯台の灯りのような役割を担うのです。シャーマンになる人々は、特別な能力が備わり、スピリチュアルな啓示のもと、長い修行を経てその神秘的な能力を継承するそうです。彼らは、皆独特な製法でアヤワスカを調合することから、セレモニーの成否はこのシャーマンの能力や個性によって異なると云われるぐらい、その存在は大きなものだそうです。

アヤワスカを摂取すると、多くの人が強い浄化作用によって、様々な身体的反応(嘔吐や下痢)を起こします。これは、ネガティビティを浄化する時に起こる現象だとされ、潜在意識がクリアになることを喜ぶべきだと云う人もいるぐらいです。
実際のところ、心地良くない反応が峠を越すと、ようやく心身共にリラックスした状態を迎えるのですが、その時に特有のジオメトリックスパターン(幾何学模様)が現れたり、夢を見ている時のようなストーリー体験が起こります。それらの経験は、心身の浄化の状態によって様々な個人差があるようで、毎回体験する内容は、日によって、また人によっても異なることが解ってきました。

表現アートセラピー画像7

「昨日はどうだった?」毎朝顔を合わせるホールでは昨晩の話題で持ちきりです。皆、顔を合わせるとお互いの成果を讃え、慰めあいます。初日には、天国を見たと言って興奮していた人が、次の日は地獄だったと落ち込んでいたり、それぞれの表情から何があったのかが手に取るように解るようです。誰もが毎回のセッションから何かを掴みたい欲求に駆られているようでした。同じく私も意味のあるメッセージを求め、もがくエゴと葛藤していました。

そんな中、少しでも深く探求したいと決意した日のことです。
アヤワスカのどす黒い液体が入った器を差し出し、ファシリテーターが尋ねました。
「今夜はもっと深く行きたいですか?」
私は躊躇無くうなずきました。いつもよりも多く盛られた液体を流し込むと云いようのない胸焼けが襲ってきます。しかし、皆この後味の悪さを紛らわすために水を飲むことは禁止されています。それはつまり彼女(アヤワスカの精霊)に向けたリスペストがあるからなのですが、この日の気持ち悪さは限界を超えていました。不快感をやり過ごすため、なんとか深呼吸をしながら席にもどると、うずくまって胸焼けが過ぎるのを待ちました。

そして、その夜私は云いようのない恐怖感に襲われる体験をしたのです。
その日の幻覚は言葉にすることができないほど奇妙なものでした。私は、その世界から抜けだすこともできず、完全にコントロールを失っていました。気を失いそうな恐怖の中、私を救ってくれたのは、あのシャーマンのイカロだったのです。セレモニーの間、彼らは一人一人の枕元にやって来て、それぞれを導く唄を謳ってくれるのですが、もうろうとする意識の中、私はやって来た彼の手にすがりつき、助けを求めたのでした。真っ暗な中、マエストロは握りしめる私の手を優しくさすりながらイカロを歌い始めました。その優しく力強い唄はまるで子守歌のように全身を包み、やがて、私の恐怖は静まって行きました。
翌朝、目が醒めると酷い悪夢から生還した気分と共に強い脱力感を感じ、私は完全に自信を失っていました。もうこれ以上、セッションが続いたら自分がどうなるか解りません。ただワークから逃げ出したくて、自分の窮状をファシリテーターに訴えたのです。すると、彼女は真顔でこう答えました。

表現アートセラピー画像8「恐怖とは幻想なのよ。実体はないわ」

それを聞いた私は泣きたくなりました。
そんなこと知ってる。私はいつもワークの参加者の人をそうやって励ましてきたもの。でも、そんな言葉がどれだけ役に立たないのかを、この時思い知ったのです。しかし、それが真実だということを私はわかっていました。自分の源(ソースエネルギー)以外、リアルなものなど存在しない。それをどこかで知っている自分は、我に返って答えました。
「そうよね。それはいつも私が人に話していたことだから…。恐怖の幻想を創っているのは自分なんだってわかる。でも、彼女(アヤワスカ)は、私を幻想の中に閉じ込めてしまうの。それが幻想だと気づかないように、すべてのイメージをコントロールできないようにしてしまう。それが怖い。私には何もできないような気になってしまうの」
泣き言を云う私は、まるで学校に行くのをむずがる子供のようでした。そんな私の顔をのぞき込むように、ファシリテーターの彼女は、いつもはとても早口で聞き取りにくいアフリカなまりの英語をまくし立てるのに、この時ばかりはゆっくりと、そしてとても真剣に伝えてくれたのです。
「アヤワスカを信じて。彼女は、必要ではない体験を与えない。あなたは、それを乗り越えることが出来る人なの。マエストロが、セレモニーが始まる前に、あなたのことを指して、彼女はとても強い人だと云っていたのよ」

どういうこと? 私が強いって…。
彼らは私のことなど何も知らないはずだ…。現に昨晩の失態はどうだ?自分は、あんな混沌とした世界しか見ることができず、泣きついていたのに。
もしかすると私の聞き違いなのかもしれないと思い、聞き直しました。

「強いって、どういう意味? 私はこんなに怖がって、逃げ出したいと思うような弱い人間なのよ。それって、意地が強いっていう意味じゃないの?」と、問い返す私に、彼女は笑って「意味なんてないわよ。その言葉どおりよ」と答えると、肩をすくめました。もうこれ以上聞くな、と云わんばかりのきっぱりとした彼女の表情を見て、ため息をつくと、私はこう答えたのです。

「わかったわ。今夜もセレモニーに行きます」

表現アートセラピー画像9
ディープなセレモニーは毎晩続きました。時には朝方まで、変性意識が戻らない時もあり、多くの人は倦怠感に襲われた身体を横たえ、昼寝をすることでなんとかエネルギーを蓄えていました。そんな環境の中、自分でも正気を保って居るのが不思議なくらいでした。気を許すと、考えがネガティブな方向に引っ張られてしまいます。

どうして、こんなことをしているのだろう?
こんなことに何の意味があるのか?
もう帰ったほうが身のためだ…。

これまであらゆるエクササイズやセミナー、ワークショップを体験して来た私でしたが、今回ほど辛く感じたことはありませんでした。その苦しさに何度も途中で止めたくなりましたが、止めることも、続けることにも同じくらいの抵抗感があるものです。意味など考えたら今日を終えるこなど出来ませんでした。ただ、ひたすら目の前の課題に取り組むしかないように思えました。葛藤の末、前に進むことを選んでいる自分が居ました。それは、これまでの辛い経験の中に居るとき、いつも最後には何かを掴み、気づいて来たプロセスのことを思い出すことができたからかもしれません。

表現アートセラピー画像11コースに参加している人々は、誰もが自立的でした。皆、そうとうコミットして来ているのでしょう。それでも、落ち込みから戻って来ることが出来ずにほとんど部屋に閉じ籠もる人や、途中で帰るひともいました。中には素晴らしい体験ばかりが続く人も居り、その体験と自分の体験と比較して落ち込む人もいます。彼らのバックグラウンドを聞くと、医者や教師、弁護士やビジネスマンなど社会的にも認められた経歴の持ち主ばかりでした。しかし、ここではそんなバックグラウンドや、これまでどう生きていたかはあまり重要ではありません。ここでは、誰もが名も無き一人の人間になるしかありませんでした。

私は相変わらず、いろんな物に抵抗しながら、ただ自分を維持することで精一杯でした。
それでも、今閉ざされている場所から出てみたいと思い始めていました。
シーンとしたアマゾンの森の中で、私は怖れという幻想の壁を越えることを考えていたのです。
自分の進みたい目的地(ビジョン)が必要でした。私は、自分を励ますように、持って来た小さいスケッチブックにクレヨンでそのビジョンの絵を描き枕に忍ばせました。
そして静かにその夜の彼女を待ったのです。(つづく)